■AYA 2nd ライブレポート
      2007年11月10日 銀座「TACT」


待ちに待った"セカンドライブ"
雨の土曜日、銀座「TACT」の前にライブを待つ人が並ぶ。

予定より少し遅れて開場。
ハコは前回より少しキャパがありそうだ。
スクリーンには「AYA」のロゴが映し出される中、
次々と客席が埋まっていく…

6時45分
スクリーンが飛び、客電が落ちる。
いよいよ始まる…
オープニングは前回同様ファーストアルバムのトップを飾る「時を止めて」。
2コーラス目に入ったところからCDとは違うピアノのリフが…
謙さんの気合いが感じられる。

2曲目は「
Slow Down」この曲…こんな曲だったっけ?
AYAの作品の中ではアップテンポな曲であることは確かなのだが、
ライブではそれにもましてグルーブ感が違う!
まるでボーカルとピアノがバトルしてるような気さえしてくる。
ブレイクが決まる…
ぴったりと息の合った姿をみているとこちらもゾクゾクしてくる。

続けて3曲目は「
抱きしめて」。
だんだん堅さが無くなっていくというか、いい意味で力が抜けてきたようだ。
彩の表情からも余裕すら感じられてきた。

4曲目の「
涙〜おと〜」ではフェイクも交え歌い上げてくる。
時刻としては19時を少し回ったあたり、
後方に陣取って見ていたせいでステージが見づらくなってきた。
立ち見のお客さんで後方がいっぱいになっていたのだ。
4曲目が終わった後のMCの合間にスタッフが空いている席を探して
お客を誘導してくれた。
ようやく視界が晴れる。
5曲目は「光射す方へ
フェイク連発!!
もうこうなると彩は止まらない…

6曲目の「
逢いたい
「あなたにとても逢いたい…」というフレーズに感情がこもる。

水を少し飲んでからちょっとおどけたしぐさを見せる彩。
MCを挟んで次の曲、7曲目の「
あなたの側で…」の曲紹介をする。

佐賀から上京して4年。遠くにいても支えてくれる"大切な人"を思う。
 そこで気づいたことを歌に託しました…


2コーラス目に入った途端、突然涙ぐむ彩…
「あなたの愛に気付いた〜」が感極まってゆがむ…
おいおい…また塞がってきたよ…
どういうこと???
さらに立ち見が増える。
このままじゃステージが見えないじゃん!(●`へ´ ●#)

次の曲もMCを挟んでくれたおかげでスタッフが立ち見のお客さんを
中へ誘導してくれた。ε-(´▽`)
ホッ
次の8曲目はまだどこにも発表していない新曲「大切な君へ
1コーラス目のサビはこうだ
がんばってね いつでも僕は君を支えていてあげる

彩としては初かな?男目線で書かれた詞に一発でやられてしまった。(>_<)
メロディーも覚えやすくポップな作品に仕上がっている。
こりゃあ春にリリース予定のセカンドアルバムに期待が膨らむぜ!

一部はここで終了。
ふぅ〜酔ったぜ…
ビールにじゃないよ。♪( ´▽`)


さて、お次は心音(SHINON)の登場だ。
AYAの妹分ということだがどんなもんだろうか…

実をいうと個人的にこの日は完徹明けだったので
AYAのライブは頑張った自分へのご褒美でもあったわけで…
心音ははっきし言って"どうでもよかった"。
(チカちゃん、ユカちゃん…ゴメンね (^^;; )
………ってなわけで、あわよくば寝ててもいいかなと思っていたら…
寝れなかった。

自称「大阪のおばちゃん」キャラ、チカのパワフルなボーカルがそれを許さなかったのだ。

謙さんがアレンジで参加した「桜」「アサンテサーナ」も含め、なかなかの完成度。
ちなみに「アサンテサーナ」とはスワヒリ語で「ありがとう」という意味らしい。

あとで彩がボイトレしてたという話を聞いて納得◎
 

第2部はミニアルバム"holly"収録曲からスタート。
前奏が始まったのにマイクを口元に運ばず、
オフマイクで歌い始めた9曲目「
アメージング・グレイス
すかさず映画「リトル・チルドレン」の予告で使われた「
ダニー・ボーイ」へとメドレー。

そして#10 「
Feel you」、#11 「More」 #12 「I Notify」へと続いていく。
ピアノのリズムカッティングとボーカルの絡み具合に自然と吸い込まれていく。

#13 「
あなたにもう一度」ではきれいなバラードに呼応するように鍵盤をたたく手に力がこもるのを感じる。

#14 「
いつか
自分を励ますために書いた曲だという。その歌詞に癒される。

15曲目はNEXT MUSICでも長い間ランキングトップを独走していた「
Believe In You
友達の結婚を祝う曲。

えっ!もうラストなの?
ありのままの自分で歌えることに感謝しています。
 今夜は佐賀から母が来てくれていて…

なるほど感極まったのにはそういうわけがあったのか…
これからも皆さんに伝わる音楽をお届けできるように頑張ります…

ラストチューン#16は「
すべての人へ…
彩って以外と涙もろいのかも…
………終わっちゃった………
まだ聞きた…
「アンコール!」客席から声が上がる…
そうだよな、まだ聞いていたいよ。気持ちはおんなじ。
アンコールは山本典広さんのアルバムに参加した作品の中から
消せない夏の日」を心音と愉快な仲間たちとともにセッション。
オリジナルの曲とは違った彩の一面が見れる。
どことなく懐かしい感じのする曲だ。
アンコールの曲が終わると、謙さんがマイクを持った。
最後の挨拶かと思いきやサプライズ!
車の中などで彩がいつも口ずさむ大好きな曲を今夜はやってみようという。
どんな曲だろうと思っていると…
MI○IAの「Gl○ry Days」だった!
最後のサプライズにみんな大満足(^O^☆♪
無事にセカンドライブは終了。
そしてCD販売会へ…
というか、CD販売会という名の「サイン会」状態。

今回も強者"大人買い"が…しかも二人も?
「ファースト」&「holly」&「Sea Wind」×10セット 計30枚!?
どうやって持って帰ったんだろう???

彩に掛けてくれるみんなの声があたたかい…
こうしてライブは大成功!!
素敵な土曜の夜でしたとさ…
でもって記念撮影☆☆\(^o^♪
                
(レポート:Sou)


AYA 3rd Album
「Precious」
¥2,500-(税込)
AYA 2nd Album
「BELIEVE IN YOU」
¥2,500-(税込)
AYA First Album
「あなたの側で…」
¥2,000-(税込)
AYA Mini Album
「holly」
¥1,500-(税込)
山本典広作品集
Vocal/AYA
「Sea Wind」
¥1,000-(税込)
他のライブレポートはこちらから
 ●ファーストライブ
 ●セカンドライブ
 ●2nd Album 発売記念ライブ
 ●LIVE-PARTY vol.1
 ●LIVE-PARTY vol.2

CDのご注文はShop D,IOSで承ります。
←First Live Report